毛利博物館


新着情報 詳細
特別展「国宝」開催中です!!
更新日:2020年11月28日(土)
四季山水図(山水長巻) 雪舟筆 
(国宝)
古今和歌集 巻第八 (国宝)
唐織 (重要文化財)
福禄寿図 狩野芳崖筆
毛利博物館では、恒例の国宝をはじめとする毛利家伝来の至宝を公開する特別展「国宝」を開催しています。今年は、雪舟生誕600年を迎える記念として、会期を12月21日(月)まで延長します。

雪舟の「四季山水図(山水長巻)」を、間近にゆっくりとご覧になりたい方は、ぜひこの機会に、毛利博物館へお越しください。

例年通り、「古今和歌集」(高野切本)巻第8や「史記呂后本紀」第9、「菊造腰刀」の、毛利家が誇る国宝3件も合わせて公開しています。
そのほか、今年は毛利輝元が豊臣秀吉から拝領した「能装束」、大内氏が朝鮮王朝との交渉に用いた「通信符」、古備前の名刀「伝友成」などの重要文化財も5点展示しています。
また、指定は受けていませんが、頼山陽が毛利家の奥方のため記した「山水図」、狩野芳崖が描いた「福禄寿図」、徳山毛利家に嫁いだ八重姫の婚礼道具など、大名毛利家ならではの名品も公開しています。

庭園の紅葉は次第に散り、冬の装いになりつつありますが、まだこれから紅葉する木も多く、紅葉目当てのご来館もまだ大丈夫です。また、特別展「国宝」会期中は、特別に「画像堂」も公開していますので、あわせてご観覧ください。

冬の訪れもあとわずか、ぜひこの機会に毛利博物館・毛利氏庭園にご来場いただき、残り少ない秋の風景をご堪能ください。
新型コロナウィルス感染の拡大が危惧されています。ご来館時には、マスクの着用など、感染予防対策にお力添えくださいますようお願い申し上げます。
←前の情報を表示 | 次の情報を表示→